ライースリペアの成分は何がどういいの?解析したらヤバいとかない?

ライスパワーエキスが肌が水分を保つ力を引き出し99・5%以上の方がまた使いたいと回答したスキンケア「ライースリペア」。

ライースリペアの成分は何がとういいのでしょうか?

成分を解析して調べてみました!

 

ライースリペアの成分は何がどういいの?

ライースリペアインナーモイスチュアローション No.11全成分

ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)、水、エタノール、1,3-ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、濃グリセリン、トリメチルグリシン、メチルパラベン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、2-アミノ-2-メチル-1,3-プロパンジオール、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール(25E.O.)(30P.O.)、クエン酸ナトリウム、精製大豆レシチン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、グリチルリチン酸ジカリウム、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、植物性スクワラン、カミツレ油(2)、水酸化大豆リン脂質、アルカリゲネス産生多糖体、ショ糖脂肪酸エステル、天然ビタミンE、クエン酸

リペアインナーモイスチュアエッセンス No.11全成分

ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)、水、デカメチルシクロペンタシロキサン、エタノール、濃グリセリン、メチルポリシロキサン、1,3-ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド、2-エチルヘキサン酸セチル、オリブ油、ポリオキシプロピレンメチルグルコシド、セスキステアリン酸メチルグルコシド、ポリアクリル酸アミド、ポリオキシエチレンステアリルエーテル、バチルアルコール、軽質流動イソパラフィン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、メチルパラベン、キサンタンガム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)、天然ビタミンE、グリチルリチン酸ジカリウム、エデト酸二ナトリウム、植物性スクワラン、オレンジ果汁、モモ果汁、カミツレ油(2)、クエン酸、水酸化ナトリウム

ライースライースリペアインナーモイスチュアクリーム No.11全成分

ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)、水、1,3-ブチレングリコール、2-エチルヘキサン酸セチル、植物性スクワラン、濃グリセリン、メチルポリシロキサン、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)、ベヘニルアルコール、ステアリン酸、モノステアリン酸ポリグリセリル、モノステアリン酸プロピレングリコール、モノラウリン酸ソルビタン、N-ミリストイル-L-グルタミン酸ナトリウム、カルボキシビニルポリマー、2-アミノ-2-メチル-1,3-プロパンジオール、メチルパラベン、キサンタンガム、プロピルパラベン、ブチルパラベン、グリチルリチン酸ジカリウム、オレンジ果汁、モモ果汁、エタノール、クエン酸

ライースリペアには肌に危険な成分は配合されていない。

ライースリペアに配合されている肌に効果的な成分

ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)

肌の水分保持機能を改善させる効果が認められた世界で唯一の成分。

肌の水分保持機能の改善とはただの保湿とは違い肌自体がセラミドなどの肌の水分を増やすように活性化して水分を増やし、しかもバリア機能を改善してそれを保っておける…

つまり、正常に機能せずに乾燥状態や荒れた状態になってた肌を正常な状態まで水分を増やして保つように改善するという保湿レベルとはまったく違う…

慢性的な乾燥や肌荒れなどの悩みを即時解決するレベルの効果ということです。

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムは、グリチルリチン酸2Kとも呼ばれている炎症を抑制する作用がとても優れている成分で、配合量は多くはないのですが、この成分も化粧水・美容液・クリームのすべてに配合されています。

敏感肌やニキビ肌に特化した化粧品によく配合されていて、抗炎症成分として医薬部外品の有効成分であり、安全性も高いです。

クエン酸ナトリウム

クエン酸ナトリウムには肌細胞を促進する効果があります。

また、収れん効果があり、肌のキメを整えたり毛穴の開きなどのケアに役立ちます。

精製大豆レシチン

生成大豆レシチンは保湿効果に優れているため、保湿剤、乳化剤としてクリームや乳液などに配合されている。

ヒアルロン酸ナトリウム

ヒアルロン酸ナトリウムは水を非常に多く保持する能力がある高分子です。

元々ヒトのからだにある成分ですが、加齢とともに減少していきます。

保湿力が高く抜群の保水力で、肌の保湿に効果を発揮します。

植物性スクワラン

植物スクワランはべたつきが少なく、保湿力のある成分で、乾燥による肌荒れに効果を発揮してくれます。

化粧品だけでなく、医薬品の軟膏や座薬にも用いられている安全な成分です。

カミツレ油

カミツカレ油はカモミールのアロマオイルのことで、ニキビ、皮膚炎、湿疹、じんましんに昔から使用されてきました。

また、乾燥肌、肌荒れの改善。肌の弾力性を高めるなどほとんどの皮膚質のスキンケアに対応してくれる非常に優れた成分です。

 

まとめ

まとめますとこのようになります。

・ライースリペアの成分を解析して詳しく調べてみても肌に危険な成分は配合されていない。

・ライースリペアに配合されている肌に効果的な成分

□ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)

□グリチルリチン酸ジカリウム

□クエン酸ナトリウム

□精製大豆レシチン

□ヒアルロン酸ナトリウム

□植物性スクワラン

□カミツレ油

・ライースリペアには肌の水分保持機能を改善するライスパワーNo.11を筆頭に年齢肌に効果的な成分がたくさん配合されている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です